CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

TAGLIATORE【タリアトーレ】3ピースシングルスーツをご紹介します。

こんにちは。
CINQUE CLASSICOの行徳です。

  
本日は、TAGLIATORE【タリアトーレ】3ピースシングルスーツをご紹介致します。

 

TAGLIATORE【タリアトーレ】3ピースシングルスーツ 3SVJ22D11 07UIZ177 B1124 ヴェスビオ ウール インディゴ

販売価格(税込): 158,760円

CINQUE CLASSICO ONLINE SHOP
CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP
CINQUE CLASSICO Yahoo! STORE
CINQUE CLASSICO Amazon

TAGLIATORE【タリアトーレ】3ピースシングルスーツ 3SVJ22B11 06UPZ189 N3238 ヴェスビオ ヴァージンウール スーパー110’S ブラック

販売価格(税込): 149,040円

CINQUE CLASSICO ONLINE SHOP
CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP
CINQUE CLASSICO Yahoo! STORE
CINQUE CLASSICO Amazon
 

TAGLIATORE【タリアトーレ】3ピースシングルスーツ 3SVJ22D11 15UIA120 S1056 ヴェスビオ ヴァージンウール スーパー100’S グレー

販売価格(税込): 153,360円

CINQUE CLASSICO ONLINE SHOP
CINQUE CLASSICO 楽天 SHOP
CINQUE CLASSICO Yahoo! STORE
CINQUE CLASSICO Amazon
 

 
ファッションの潮流がクラシックに向かう中、「英国調」と言われておりますが、メンズファッション発祥の地であるイギリスでも正装と言われる3ピースのスーツです。
イギリスではウェストコート、フランスではジレ、イタリアも綴りは違いますが、ジレです。
ジレをプラスすることで、よりクラシックさが際立ちますし、そのため、3ピースのスーツがフォーカスされ、オン・オフを問わずホットアイテムとなっています。

 
イギリスでは、ウェストコートを着用するときは、伝統的にはベルトを用いず、ブレイシズ/サスペンダーを使用していました。その着こなしの方がウェスト部分が膨れず、スッキリとスマートに見えます。
最も典型的には、シングルのジレでは、フロント釦が5ないし6個あり、ジャケットと同じように最下部の釦は捨て釦と呼ばれ、留めれない構造になっている場合が多く、本来は留めないまま着用しますが、まれに縦1列で最下部の釦が留めれる構造になっている場合がありますが、その場合は留めても構いません。前身の生地はジャケットと同じもの、後身の生地は裏地同様のものか、表地と同様の物が用いられる形態となっています。
背中には尾錠が付いていてサイズの調整が少しできるようになっております。
また、ジレにもダブルと、シングルがありますが、ダブルの方がよりクラシックさを醸し出します。

今回ご紹介するのは、タリアトーレの人気モデル『VESVIO(ヴェスビオ)』です。

素材名に、”スーパー100”や”スーパー110”という表記がありますが、これはウールの糸の繊度を表しています。
繊度とは、原毛の太さをミクロン(μ)で表します。
IWTO(国際羊毛機構)が使用羊毛(獣毛)の繊度によって定義をまとめています。
現在、スーパー(SUPER)表示はIWTOで統一されています。
※1ミクロン(μ)は1000分1ミリです・・・と言われても私もピンと来ませんが・・・。

 
スーパー100は18.5ミクロン、スーパー110は18.0ミクロンです。
人間の髪の毛は70~80ミクロンと言われていますので、如何に細い糸を使用しているのかがお分かりいただけるかと思います、
SUPRE100’Sは原毛1キログラムを100キロメートルの距離の長さの糸を作ることができるという意味で、スーパーの数字が大きくなればなるほど細い糸(ミクロンは数字が小さいほど細くなります)となり、繊細で高品質な糸という指標です。

そのような高品質な糸で織られた生地を、巧みなパターン作成と裁断技術の高さを生かしたタリアトーレは美しい曲線美を作り出し両脇の高い位置からの強めにシェイプしたウエストの絞り込みが印象的で構築的な造形美を感じさせます。
また、ゴージラインが高く(ハイゴージ)クラシカルな要素も取り入れつつ、モダンな雰囲気を醸し出すボディラインはクラシックを再構築した独創性をも感じさせます。
MONTECARLO(モンテカルロ)とは違い極力薄くした肩パッドを使用しております。一度袖を通してみるとソフトで軽い着心地を体感できます。
たしかな縫製力で立体感を表現し、タイトフィティングながら、袖付けの際に肩回りに袖をいせ込みながら縫製しているので、着用でのストレス感はありません。
パンツは、勿論1プリーツ入りでクラシック感を出しております。

 
コーディネイトは、よりクラシックさを意識して、シャツはタブカラーやラウンドカラーやクレリックシャツで合わせて、シックに無地でもあるいは小紋のネクタイを合わせるとクラシック感が増します。
それと3ピースの足元は、ローファーではなくより重厚感やクラシックさを出すために、ウィングチップやストレートチップなどのメダリオンのレースアップのシューズがピッタリです。

 
是非、ご検討下さいませ。
 

instagram を開始致しました。是非ご覧下さいませ。

URL『https://www.instagram.com/cinqueclassico/』 ID『@cinqueclassico』