CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

LARDINI【ラルディーニ】GRIGIO E BORDEAUX で英×伊コーディネートをご紹介致します。

g1

こんにちは。
 
CINQUE CLASSICOのカミカワです。
 
最近は減量中で思考回路が止まっております。笑
 
干し芋、ムネ肉、ブロッコリーという減量食に「大会に出る訳でも無しに何してんだろ...」と、流石に自問自答し始めました。
 
ただ、3日で体重約-1kgというペースで落とせており、少しずつ身体にキレが出てきたような感じがします。
 
炭水化物を取らないと流石に扱う重量も落ちますが...。と、まぁ私の身体事情はさて置き、
 
本日はLARDINI【ラルディーニ】のさりげないトレンディジャケットを用いた艶カジュアルコーデをご紹介致します。

 
私のキーカラーと言えば、BORDEAUXそう「ボルドー」です!?
 
「気分を高揚したい時」や「スタイリングに少しパンチが欲しい時」等に用いたりします。
 
自然と熟成したボルドーワインを連想させるように、意外と馴染みのあるカラーなので、派手過ぎずに色気と品足しに非常に便利なカラーだと自負しております!!!
 
しかし、How toを間違えたりすると奇抜な印象になる事からも、ミーハー心をくすぐる玄人好みなカラーではないでしょうか。
 
こちらLARDINI【ラルディーニ】 のシングルジャケットは英国のウィンザー公が好んでいた柄を連想させるグレンプレイド柄。
 
チャコールグレーベースの生地の奥で秘かにほんのり色づいたボルドーがイタリアらしい艶っぽさを+しており、英国×イタリアの良いとこ取りをしたような逸品。
 
ボルドーの色を拾いながらもネイビーとのコントラストを効かせたZANONE【ザノーネ】のタートルネックを用いてさりげない統一感を演出。
 
パンツはINCOTEX【インコテックス】のライトグレーのサキソニーで重たくなりがちな印象を払拭。
 
ストールは季節の変わり目やVゾーンへのニュアンス付けを容易く出来るイタオヤ必須のアイテム。
 
弊店で今季より新しく取扱い始めましたBEGG&CO【ベグ アンド コー】のタイガーアイのストールが更に品の良さを引き出してくれます。
 
足元は紳士且つ気高い武骨さも醸し出してくれるEDWARD GREEN【エドワードグリーン】のジョッパーブーツをセレクト。
 
ノーズの長さも一番丁度良く、チャラチャラしたブーツとは訳が違います。
 
鞄にはCHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】ドキュメントケース アイスグレーをチョイス。
 
暗く重くなりがちな秋冬のスタイリングを爽やかに色づけしてくれます。
 
各アイテムそれぞれお持ちのアイテムと組み合わせても必ずやプラスになりうる物ばかりです。
 
ご参考頂けますと幸いです。
  • LARDINI【ラルディーニ】 シングルジャケット JL0526AQ IERP49591/303/1 ヴァージンウール ポリエステル グレンチェック グレー×ボルドー 着用size42

    LARDINI【ラルディーニ】 シングルジャケット JL0526AQ IERP49591/303/1 ヴァージンウール ポリエステル グレンチェック グレー×ボルドー 着用size42

    販売価格(税込): 105,840 円


    今回ご紹介致しますこちらのスーツは肩パッド、芯地や副資材をことごとく省いた仕立てのジャケットを得意中の得意としています。古くはイタリア中南部のナポリに属するアットリーニ、そしてイタリア北東部のブレーシアのボリオリや、イタリア中部のアレッツォのカンタレリが切り開いてきた道です。そのうえ、袖を通してみると、うまくカラダにジャストフィットして、ジャケット本来の貫録を感じさせる形になり、しっかりときちんと見えます。副資材を使わずに、きちんとしたジャケット本来の形を出すというのは、とても難しく技術力の高さが必要不可欠です。近年、気軽に羽織れて、かつしっかりと正しく見えるジャケットのが主流になってきているように思えます。
    今やLARDINI【ラルディーニ】は、その最先端を行っているブランドなのです。

    段返りシングル3つボタンドロップ7を採用。段返り着用(3つボタンのうち第2ボタンだけをかけ、第1ボタン部は襟と一緒に返して大きく開襟する着用方法)を前提とした仕立てのシングル3つボタンジャケット。第1ボタンはあるが襟のプレスが第2ボタン直上の位置まで来ていて、第1ボタンとホールは襟の一部として飾りになっている。
    着用は第2ボタンのみを掛けるのが一般的であり、従ってシルエットはシングル2つボタンと同様の見た目を再現します。第1ボタンとボタンホールがかさばることで襟元(ラペル部分)がふんわりと立体的になり、3つボタンジャケットよりもラフに柔らかい印象の着こなしのイメージになります。
    このようなスタイルは伝統的なアメリカントラッドスタイルによく見られますが、イタリアの南部地方に位置するナポリの特徴でもあります。そのスタイルを職人の街と謳われるイタリア中部のアンコーナで始めて以来、腕の見せ所であるテーラリング技術を生かし続けています。
    フラワーホールにあしらわれているブランドアイコンである『ブートニエール』は一目でLARDINI【ラルディーニ】だと認識でき、フェルト素材を使用した小さな花びらが、独自のアイデンティティを表現しています。
    装着、脱着はもちろん可能です。
  • ZANONE【ザノーネ】切り替えタートルネックニット 811941 ZY268 Z5221 ヴァージンウール コットン ボルドー×ネイビー 着用siz44

    ZANONE【ザノーネ】切り替えタートルネックニット 811941 ZY268 Z5221 ヴァージンウール コットン ボルドー×ネイビー 着用siz44

    販売価格(税込): 33,480 円


    1987年 最大の流行発信地であるイタリア北西部のギズラレンゴニットウェアブランドとしてALBERTO ZANONE( アルベルト・ザノーネ)氏により創業されました。
    ZANONEは業界人、専門家の間で洗練された見識のあるマーケットでは、一貫した高い品質追求と新しい事にも挑戦し続けることに焦点をあてたニットウエアブランドとして名声を得ています。

    2003年には SLOWEAR(スローウェア)グループに所属し欧州のみならず日本にもマーケットを拡大していき
    ニットと言えば「ZANONE(ザノーネ)」と名前が上がる程、世界のニットブランドとして地位を確立してきました。

    テクノロジーと伝統を大事にし、一時のトレンドに流されること無く、新しいプロダクトを生み出すのがZANONE(ザノーネ)です。
    ZANONE(ザノーネ)は、フレックスウール、アイスコットン、カシミアシェードなど、永年の掛けて蓄積した感性から生まれた独自の糸をもち、その糸と手間をかけた生産工程ににより、創業時から一貫して高いクオリティーを維持しサイジングバランス、素材感が素晴らしく、独特の着心地の良さが特徴ですし品質の良さは折り紙つきです。

    今回、ご紹介させて頂きます編地と配色の切り替えタートルネックニット。
    ボディには配色、リブ部分は単色になり、メリハリのあるデザインは洒脱感を漂わせています。
    身幅、肩幅、アーム部分をタイトに、着丈を短めに設定したシルエットはモダンな表情を生み出します。
    独特のサイジングバランスと着心地の良さは格別ですよ。
    これからの季節、非常に重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なZANONE【ザノーネ】タートルネックをご愛用してみては如何でしょうか。
  • INCOTEX【インコテックス】ワンプリーツパンツ N24モデル 1NT024 1645E 911 サキソニー ライトグレー 着用size44

    INCOTEX【インコテックス】ワンプリーツパンツ N24モデル 1NT024 1645E 911 サキソニー ライトグレー 着用size44

    販売価格(税込): 36,180 円


    今回、ご紹介致しますのはINCOTEX【インコテックス】期待のNEWモデル『N24』。

    日本限定モデルということから、NIPPONとイタリア語で新しいを意味するNUOVOの頭文字『N』から命名。

    ここ数年ピッティ会場に訪れる多くの人々がプリーツの入ったパンツを着用しており、パンツの転換期をむかえております。
    過去のプリーツパンツはワタリ幅・裾幅も太く、クラシカルではあるが野暮ったい印象も拭えませんでした。

    今回ご紹介するモデルワンプリーツモデル『N24』はヒット作であるN35(スリムフィット)と同様にスリムフィットモデルを採用。
    特徴としてはワンプリーツを施し、腰回りは少しゆとりを持たせつつ、太ももから裾にかけてテーパードが効いてくるモダンなシルエット。
    テーパードしたシルエットが近年人気を呼んでいるニュースタンダードモデルで非常に細く見えますが、ワンプリーツを施すことで、程良い余裕がヒップからワタリにかけて生まれました。
    ウエスト回りがゆったりしているのでストレスなく穿くことを可能にし、余裕が生まれることで、テーパードが「N35」よりも際立ち現代的シルエットになります。
    クラシカルな仕立てと現代的シルエットを掛け合わせたパンツは、今後の必須アイテムです。

    また、こちらはINCOTEX【インコテックス】の代名詞であるサキソニーを使用しております。
    INCOTEX【インコテックス】の中でも定番の生地で上質なウールを使って作る手触りの滑らかな素晴らしい生地となっています。
    万が一、既に今年購入するのイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。
  • BEGG&CO【ベグ アンド コー】ストール Wispy TIGER EYE カシミヤ ブラウン

    BEGG&CO【ベグ アンド コー】ストール Wispy TIGER EYE カシミヤ ブラウン

    販売価格(税込): 49,680 円

    BEGG&CO(ベグアンドコー)が手がけるカシミアの品質は世界最高級といわれ、名だたるラグジュアリーブランドのカシミアアイテムを製造してきた、いわばファクトリーブランド。

    ペイズリー街で100年ほど実業を続けた後は西海岸の街に工場を移します。

    最新の機械や高度なテクニックを駆使する一方、伝統的な生産工程も受け継ぎながら、今なおスコットランドの工房で製造を続けています。

    100年前から使い続けられてきた織り機を使用し、「織る」「洗う」「ブラッシング」「カット」の全ての工程が人の手によって行われています。

    とげのある植物 ティーズル(アザミの実)で、生地の表面を優しくブラッシングし、さざなみ状の毛並みを作ることで実現しています。

    この技法から、スコティッシュカシミアでしか体感出来ない、艶のあるしっとりとした風合いが生まれるのです。

    カシミア山羊の柔毛から作られるニット製品は、1枚におよそ4頭分の毛が必要とされ、「繊維の宝石」、「繊維の女王」の名が付いています。

    そういった背景から、「BEGG&CO(ベグアンドコー)」という名前が表に出ることはあまりなかったのですが、本当に良いものには、名前やイメージで左右されない確固たる本質がモノを言います。

    今回ご紹介致しますのは、【The Whisper Collection】シリーズの「ストール」でございます。

    貴重な長繊維のカシミア山羊から梳毛引きした美光沢のあるラグジュエリーなカシミアストール。

    経糸と緯糸を違う色にて紡績し、素材に表情と奥行きをもたらせた玄人好みの逸品。

    目付が軽い為、ドレープ性に富んでおりしなやかに仕上がっております。

    一度身につけると手放したくなくなるほど、滑らかな手触りと暖かさで季節の変わり目やVゾーンへのアクセントとして活躍してくれます。
  • CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】 GORDES LAGUN CH402 CHEERE(フラップドキュメントケース ラグーン アイスグレー)

    CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】 GORDES LAGUN CH402 CHEERE(フラップドキュメントケース ラグーン アイスグレー)

    販売価格(税込): 85,320 円


    CHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】の歴史は60年にも及び、フランスを代表する一流ブランドの生産を手掛けてきた実績が、技術の高さを物語ります。
    フランスらしいエレガンスを持つコレクションは、シャンボール地方を象徴する馬具をモチーフにしたディテールが多く用いられ、革の質や仕上げの良さが引き立つシンプルなデザインが特徴です。芯に天然素材の縄を用い、手にしっくりと馴染む作りのハンドルや、出色の美しさを放つコバ磨きは長年の経験による職人の技術が必要とされます。

    また、ブランドを象徴するプレートにあしらわれているシャンボール城はこの地方最大のお城で1519年より30年も掛けて建設されたもので、当時のフランス国王、フランソワ1世の趣味であった乗馬狩猟(馬に乗ったままでの狩猟)の場所として建てられたのが目的だったので広大な敷地を有しています。1981年には世界遺産に今では文化遺産にも選ばれた建築物を設計したのは、フランソワ1世と親交のあったレオナルド・ダ・ヴィンチによるものだとも考えられています。

    今回、ご紹介致しますのは「GORDES」モデルです。

    丈夫なだけでなく適度な柔らかさを持つ厳選された水牛の「LAGUN」で登場。シンプルな出で立ちながらもフロントにはフラップを配置しており、シンプルな形にもかかわらず、素材、フォルム、ハンドルのカーブなど全てが絶妙にマッチした、フランスらしいエレガントな雰囲気が漂うバッグです。
    シンプルにデザインされたノーブルな表情である上に、シボ革に特徴的な傷もつきに耐久性に富みビジネスシーンでも実用的な一品、フランスらしいエレガントで上品な雰囲気が漂うバッグです。

    これからのビジネスシーンにも重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なCHAMBORD SELLIER【シャンボールセリエ】をご愛用してみては如何でしょうか。
  • EDWARD GREEN【エドワードグリーン】GRESHAM D82 DARK OAK ANTIQUE シューツリー込 着用size6 1/2

    EDWARD GREEN【エドワードグリーン】GRESHAM D82 DARK OAK ANTIQUE シューツリー込 着用size6 1/2

    販売価格(税込): 232,200 円


    1890年、エドワード・グリーン氏はノースハンプトンの小さな工場で紳士用の手作り靴を作り始めました。
    瞬く間に「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」として名声を上げることになります。
    そのような名声や名誉を得る背景には、彼の美徳を追求する信条や卓越した職人技がありました。
    「でき得る限りの上質を求める」という氏の明快な哲学は今日に至るまで続いています。
    洗練され、履き心地が良く、頑丈。かつ軽快でスタイリッシュ。
    そんな靴一つ一つは、最高級品質のカーフスキンを使い、職人による伝統的な手作業で作られます。
    グッドイヤーウェルト製法の靴の最高峰としてエドワード・グリーンは着実に歴史を刻んでいます。
    それは万国に共通する魅力を持った、一目見ただけで見分けがつく英国の靴です。
    ヒールカップを小さめにした日本人の足型によく合う木型で、高いフィット感を実現しています。
    靴底とアッパーの縫製に、既成靴ではあまり見かけないヒドゥンチャネルソール(縫い目を靴底に見せない仕上げ)を使用しており、普段あまり見ないようなところにも気を配っています。
    また、釣り込み(靴の成型のこと)を昔ながらの手作業で行っているので、土踏まずの辺りのフィット感は他の革靴に類を見ないほど素晴らしいと言われています。
    エドワードグリーンは創業100年を超えるイギリスの老舗シューメーカーで、既成靴の中では最も丁寧な作りであるといわれています。
    使用している革は非常にキメの細かいもののみを使用しており、磨けば磨くほど美しい光沢が増すといわれています。

    GRESHAM【グレシャム】

    グッドイヤーウェルト製法で、オーソドックスなシルエットのラウンドトゥのラストD82を採用。

    ラスト(木型)はエドワードグリーンでモダン且つ定番でもある“82”を採用。 優雅で基本となる木型の“202”に華を添えるかのような流麗さを取り入れている。

    シンプルであるからこそ革の質感、木型の美しさが際立ちます。

    ラスト82を使用したジョッパーブーツは野暮ったさはなくフォルムの美しさが光る一足です。
    程良いノーズの長さはモダンな佇まいでもあり、交叉上に巻きつけたストラップと高級感の漂うバックルの存在感は見るからに他と違う雰囲気です。