CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

LARDINI【ラルディーニ】 シングルジャケットを用いたコーディネートをご紹介いたします。

g1

スタッフ身長175cm、体重62kg
 
こんにちは。
 
CINQUE CLASSICO OSAKA店のゴトウです。
 
皆様、もうお花見は行かれましたか?
 
私はなかなか予定が合わず、見に行けてませんが、日課の大阪城ランの中で何となく空気感だけは触れてきました。聞くところによると、最近ではアジア圏を中心に、ツアーの中に桜の花見が組まれるところもあるらしく、海外の方も多くいらっしゃいました。
 
大阪では今週末くらいがピークだったかと思いますので、昨日、今日で見に行かれた方も多いのではないでしょうか。
 
本日はそんな桜満開、洒落感も咲き乱れる、LARDINI【ラルディーニ】 シングルジャケットを用いたコーディネートをご紹介いたします。
 
今回は色を使わず、ネイビー×ホワイトを意識した今季的なところで組んでみました。
 
LARDINI【ラルディーニ】 のジャケットは遠目には無地の様ですが、よく見ると小さめのチェックで、配色も定番的なネイビーではなく、微妙なニュアンスが表現された色目となっており、本日ご紹介のようなかっちりしすぎず、軽快で、爽やかなコーディネートにはぴったりですね。
 
ジャケットのインナーにポロシャツを合わせたリラックス感のあるスタイルももはや定番になってきており、今回合わせたCruciani【クルチアーニ】ニットポロはしっとりとした柔らかい質感で、とことんリラックス感のある、ざっくりとしたニットポロとは違いますので、エレガントで、ドレッシーな仕上がりです。
 
パンツから足元にかけてもINCOTEX【インコテックス】ワンプリーツパンツと、新入荷!EDWARD GREEN【エドワードグリーン】WINCHELSEA【ウィンチェルシー】で引き締めます。今期のCINQUE CLASSICOイチオシローファーの中でもシャープな木型になりますので、画像のように、パンツを短丈で合わせて頂くとより軽快さが加味され、ネイビーで統一したINCOTEX【インコテックス】のN24モデルであれば裾にかけてのテーパードが効いておりますので、なお一層、爽やかさが演出されます。
 
そこにやや構築的なSERAPIAN【セラピアン】ドキュメントケースを持ってくればリラックス感もありながら、大人のきっちり感も忘れないコーディネートの完成です。
 
薄~いピンクの桜にネイビーが映えるのではないでしょうか。
もちろん組合せはベーシックなアイテム同士になりますので、長くご愛用頂けるかと思います。
 
皆様にもご参考頂けますと幸いです。
  • LARDINI【ラルディーニ】 シングルジャケット JM0526AQ EERP50587/14 リネンコットン ブラック×ホワイト 着用size44

    LARDINI【ラルディーニ】 シングルジャケット JM0526AQ EERP50587/14 リネンコットン ブラック×ホワイト 着用size44

    今回ご紹介致しますこちらのスーツは肩パッド、芯地や副資材をことごとく省いた仕立てのジャケットを得意中の得意としています。古くはイタリア中南部のナポリに属するアットリーニ、そしてイタリア北東部のブレーシアのボリオリや、イタリア中部のアレッツォのカンタレリが切り開いてきた道です。そのうえ、袖を通してみると、うまくカラダにジャストフィットして、ジャケット本来の貫録を感じさせる形になり、しっかりときちんと見えます。副資材を使わずに、きちんとしたジャケット本来の形を出すというのは、とても難しく技術力の高さが必要不可欠です。近年、気軽に羽織れて、かつしっかりと正しく見えるジャケットのが主流になってきているように思えます。
    今やLARDINI【ラルディーニ】は、その最先端を行っているブランドなのです。

    段返りシングル3つボタンドロップ7を採用。

    このようなスタイルは伝統的なアメリカントラッドスタイルによく見られますが、イタリアの南部地方に位置するナポリの特徴でもあります。そのスタイルを職人の街と謳われるイタリア中部のアンコーナで始めて以来、腕の見せ所であるテーラリング技術を生かし続けています。
    フラワーホールにあしらわれているブランドアイコンである『ブートニエール』は一目でLARDINI【ラルディーニ】だと認識でき、フェルト素材を使用した小さな花びらが、独自のアイデンティティを表現しています。
    装着、脱着はもちろん可能です。
  • Cruciani【クルチアーニ】ニットポロシャツ CU285.GP30 28804 コットン ホワイト 着用size44

    Cruciani【クルチアーニ】ニットポロシャツ CU285.GP30 28804 コットン ホワイト 着用size44

    今回、ご紹介致しますのは高品質ニットを毎シーズン提供してくれる「Cruciani(クルチアーニ)」のニットポロシャツです。
    製品の発色の良さが際立ち、タイトなシルエットで身体のラインを美しく演出する秀逸。コンパクトに設定されたフィッティング、非常に高品質な素材を使用している為、着心地はもちろん、非常に柔らく仕上がっておりますので一度、袖を通すと虜になってしまいます。

    独特な編みの表情は一枚でも存在感を醸し出し、細やかに編まれた上質なニットは極上の肌触りで非常に柔らかく抜群な着心地に仕上がっております。

    万が一、既に今年購入するのイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。

    これからの季節、非常に重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なCruciani【クルチアーニ】ニットをご愛用してみては如何でしょうか。

    是非、お早目にご検討くださいませ。
  • INCOTEX【インコテックス】ワンプリーツパンツ N24モデル 1NT024 5006E 820 トロピカルウール ネイビー 着用size44

    INCOTEX【インコテックス】ワンプリーツパンツ N24モデル 1NT024 5006E 820 トロピカルウール ネイビー 着用size44

    今回ご紹介するモデルワンプリーツモデル『N24』はヒット作であるN35(スリムフィット)と同様にスリムフィットモデルを採用。
    特徴としてはワンプリーツを施し、腰回りは少しゆとりを持たせつつ、太ももから裾にかけてテーパードが効いてくるモダンなシルエット。
    テーパードしたシルエットが近年人気を呼んでいるニュースタンダードモデルで非常に細く見えますが、ワンプリーツを施すことで、程良い余裕がヒップからワタリにかけて生まれました。
    ウエスト回りがゆったりしているのでストレスなく穿くことを可能にし、余裕が生まれることで、テーパードが「N35」よりも際立ち現代的シルエットになります。
    クラシカルな仕立てと現代的シルエットを掛け合わせたパンツは、今後の必須アイテムです。

    また、こちらはサマーウールの代名詞であるトロピカルウールを使用しております。
    INCOTEX【インコテックス】の中でも定番の生地で夏の蒸し暑いシーズンでもサラリとした快適な着心地を実現できることが挙げられます。
    トロピカル素材のファッションアイテムは、着ていることを忘れてしまうほどに軽くて素晴らしい通気性を体現していただけます。
    ウールパンツ履くには年々、気温が高くなっていきますがそんな気候でも快適に使用していただけるのは最高の素材といっても過言ではありません。
    「トロピカル」とは「熱帯地方」といった意味で亜熱帯地域でも穿くことができるといった意味も込められています。
  • TIEYOURTIE【タイユアタイ】チーフ T94415 01 シルク 花柄 ブルー

    TIEYOURTIE【タイユアタイ】チーフ T94415 01 シルク 花柄 ブルー

    今回ご紹介致しますのは、老舗が手がける胸元を華やかに彩りを加えるのにぴったしな一品です。

    上質な素材をふんだんに使用したチーフはなめらかな質感にフワリとした軽さを持ち、良質な素材の表情を伺えるチーフですので、胸元を華麗に演出してくれます。
    伝統ある職人の最高級品を窺う事が出来ます。

    万が一、既に今年購入するのイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。

    これからの季節、非常に重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なTIEYOURTIE【タイユアタイ】ネクタイをご愛用してみては如何でしょうか。

    是非、お早目にご検討くださいませ。
  • SERAPIAN【セラピアン】SEVOEMLL6966-M34-A022 Evolution Blue Oceano ドキュメントケース ブルー

    SERAPIAN【セラピアン】SEVOEMLL6966-M34-A022 Evolution Blue Oceano ドキュメントケース ブルー

    1923年にステファノセラピアンが創業。SERAPIAN【セラピアン】1973年に息子のアルダバッドが継承した。
    ブランド設立から90年以上経った今も、開発から生産までを一貫してイタリア国内で行い、”メード・インイタリー”のクオリティに拘っているのが最大の強み。
    それを支えているのは伝統に裏付けされた職人技と、新しい技術を取り入れる先進性。
    例えば、縫製や仕上げは全て手作業で行うが、革の裁断にはCADソフトを用いたレーザーカットを採用。
    またこれまでも常に新しい技術を追及し新しい商品を開発してきた。
    そのハイブリッドな物作りの姿勢はアイテムのデザインにも見られる。特に目をひくのはボストンバッグやブリーフケースのサイドに施された”オレッキオ(イタリア語で耳の意)と呼ぶ円形の立体的なデザイン。
    その独特なフォルムは一見シンプルなバッグにアクセントを加えるだけでなく開口部を広げるねど機能的な利点を兼ね揃え、SERAPIAN【セラピアン】のクラフツマンシップを象徴している。
    ミラノの上流階級の女性を中心に支持されてきたが1950年代から60年代にかけて。オードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日などの」などの映画にたびたび使用されております。

    しっかりと肉厚なカーフレザーに、キメの細やかなシボ革を使用。キズやシミが目立ちにくく、常にクリーンで堂々とした印象を与えてくれます。
    ライニングにはアルカンターラ素材を使用。
    アルカンターラ素材でインサイドポケットをとり実用的な一面もあります。
    シンプルな出で立ちながらもフロントにはフラップを配置しており、シンプルな形にもかかわらず、素材、フォルムが何とも言えない上品さが滲み出ています。
    また、ブランドロゴにメタル素材を配置した高級感溢れる仕上がりに。
  • EDWARD GREEN【エドワードグリーン】WINCHELSEA E100 NAVY CALF(シューツリー込) 着用size6 1/2

    EDWARD GREEN【エドワードグリーン】WINCHELSEA E100 NAVY CALF(シューツリー込) 着用size6 1/2

    1890年、エドワード・グリーン氏はノースハンプトンの小さな工場で紳士用の手作り靴を作り始めました。
    瞬く間に「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」として名声を上げることになります。
    そのような名声や名誉を得る背景には、彼の美徳を追求する信条や卓越した職人技がありました。
    「でき得る限りの上質を求める」という氏の明快な哲学は今日に至るまで続いています。
    洗練され、履き心地が良く、頑丈。かつ軽快でスタイリッシュ。
    そんな靴一つ一つは、最高級品質のカーフスキンを使い、職人による伝統的な手作業で作られます。
    グッドイヤーウェルト製法の靴の最高峰としてエドワード・グリーンは着実に歴史を刻んでいます。
    それは万国に共通する魅力を持った、一目見ただけで見分けがつく英国の靴です。
    ヒールカップを小さめにした日本人の足型によく合う木型で、高いフィット感を実現しています。
    靴底とアッパーの縫製に、既成靴ではあまり見かけないヒドゥンチャネルソール(縫い目を靴底に見せない仕上げ)を使用しており、普段あまり見ないようなところにも気を配っています。
    また、釣り込み(靴の成型のこと)を昔ながらの手作業で行っているので、土踏まずの辺りのフィット感は他の革靴に類を見ないほど素晴らしいと言われています。
    エドワードグリーンは創業100年を超えるイギリスの老舗シューメーカーで、既成靴の中では最も丁寧な作りであるといわれています。
    使用している革は非常にキメの細かいもののみを使用しており、磨けば磨くほど美しい光沢が増すといわれています。

    WINCHELSEA【ウィンチェルシー】
    グッドイヤーウェルト製法ながら、シャープなシルエットでチぜルトゥ/E100ラストを採用。
    ラスト(木型)はリーファーながらドレスシューズと変わらないエレガンスを持った“100”を採用。
    ドレススタイル好きにはたまらないネイビーローファー。