CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

イタリア人脱帽!?夏の鉄板De Petrillo【デ ペトリロ】ソラーロスーツを用いたpitti styleをご紹介致します。

g1

スタッフ身長182cm、体重72kg
 
こんにちは。
 
CINQUE CLASSICO OSAKA店のカミカワです。
 
少しずつではございますが、小春日和を感じるようになってきましてたね。
 
本日は伊達男必見!!!イタリア人、夏の鉄板スーツを用いたpitti styeをご紹介致します。
 

待望のDe Petrillo【デ ペトリロ】ベージュのソラーロスーツを用いたコーディネート。
 
ベージュのソラーロといえば、イタリア人夏の定番のスーツです。
 
照らす太陽の下で綺麗に光輝くんですよね~。
 
ベージュという淡い暖色系のお色から、グラデーションで合わすのが定番。
 
その為、ブラウンのロンドンストライプのドレスシャツに服地のタイユアアタイ。
 
こちらも実はソラーロなんです!!!

しかも服地な為、スーツ生地とももちろん相性が良く、綺麗に馴染むんです。
 
スーツのお色が淡い分、濃い同色で〆るところは〆ながら統一感を持たすと玄人なコーデに。
 
そしてここで登場!!!
 
小さくも大きな存在感を示す、CISEI【チセイ/シセイ】レザードローストリングバック。
 
あの大手メゾンブランドも、P社やG社等も巾着タイプのバッグを打ち出してきております。
 
クラッチバッグやドキュメントケース等で綺麗に合わすのももちろん良いですが、伊達男になりたくば多少なりとも差別化や抜け感を図りたいところ。
 
クラッチ系はすでにお持ちの方は今年は巾着でキマリ。
 
私個人的にも発注のタイミングの際は少し抵抗があったものの、いざ実物を拝見すると使い勝手の良さはもちろん、スーツスタイルやジャケパンなんかにも合うじゃな
い!!!
 
と、スタッフ間の受けも良くかなり刺さってます。
 
チーフはソラーロの赤糸と、巾着レザーバッグのネイビーの色を拾って赤とネイビーの色が入ったチーフをチョイス。
 
細やかな色彩調和が大切なんです。
 
ご参考頂けますと幸いです。
 
  • SEALUP【シーラップ】 ステンカラーベルテッドコート 11354SEU 96121 18 コットン ヘリンボーン カーキ 着用size46

    SEALUP【シーラップ】 ステンカラーベルテッドコート 11354SEU 96121 18 コットン ヘリンボーン カーキ 着用size46

    販売価格(税込): 129,600 円


    今回ご紹介しますステンカラーベルテッドコートは同社が得意とするのは、クラシカルなコットンヘリンボーンで仕上げております。

    ハリコシのある素材は、注目されている英国風の通じる逞しさを湛えています。
    シルエットは至ってモダンで武骨と洗練の両立されたこのバランスはSEALUP【シーラップ】ならでは。
    昨今、注目されているベルテッド仕様もディテールの変化として大きなポイントとなります。
    さらにラグランスリーブ仕様となっており、肩から腕周りの可動域も広くとられて、着用感も快適と言えます。

    持ち運びもしやすい軽量ですので、現代的なシルエットゆえ、オンオフ問わずに幅広いシーンに対応してくれる、アウターとして長い期間活躍してくれる、一枚は押さえておきたい万能なアイテムです。

    是非、お早目にご検討くださいませ。
  • De Petrillo【デ ペトリロ】ダブルスーツ SORRENTO K/C TS18155R/374 ウール ソラーロ ベージュ 着用size46

    De Petrillo【デ ペトリロ】ダブルスーツ SORRENTO K/C TS18155R/374 ウール ソラーロ ベージュ 着用size46

    販売価格(税込): 178,200 円


    高いテーラリング技術による群を抜いた動き良さを誇るDe Petrillo【デ ペトリロ】。
    こちらのモデル「SORRENTO」 は、グラマラスなシルエットはそのままに半裏の背裏地と半毛芯。
    さらに、コンパクトな肩周りに吸いつくようなのぼり襟と高い位置に設定されたコンパクトなアームホールが特徴です。
    クラシカルな雰囲気の6ボタンダブルブレストにパンツはツープリーツ仕様。
    サルトで培ったテーラリングの技術のもとアントニオ・ピニョッラ出身の彼ならではの表現力は随一と言えます。

    万が一、既に今年購入するダブルスーツのイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。

    是非、お早目にご検討くださいませ。
  • BARBA【バルバ】ドレスシャツ BRUNO I1U262U01659R コットン ロンドンストライプ ブラウン×ホワイト 着用size39

    BARBA【バルバ】ドレスシャツ BRUNO I1U262U01659R コットン ロンドンストライプ ブラウン×ホワイト 着用size39

    販売価格(税込): 31,320 円


    熟練したシャツ職人のハンドワーク技術によりイセ込んだ肩と前振りの袖付けによって、腕回りの動きに柔軟に対応でき立体的に仕上がります。
    タイトなシルエットでも窮屈感は無く、軽快に感じて頂けます。マシンメイドのシャツとは違いハンドメイド特有の柔らかさや着心地を体現していただけます。

    細やかなディテールについても手抜かりはなく、後付けによる袖付けをはじめ、鳥足ボタン付け、
    ガゼット(前身頃と後見頃を補強する為の布)、剣ボロ(カンヌキ止め)、といった重要箇所は、すべて職人の手作業によって縫製されています。
    ボタンには高級品である白蝶貝を使用し、驚きなのは「4mm」の厚み、肉厚な表情は重厚さを感じ独特なツヤ感は贅沢さを感じさせます。

    是非、お早目にご検討くださいませ。
  • TIEYOURTIE【タイユアタイ】ネクタイ T94425 01 セッテピエゲ ウール シルク ソリッド ヘリンボーン ブラウン

    TIEYOURTIE【タイユアタイ】ネクタイ T94425 01 セッテピエゲ ウール シルク ソリッド ヘリンボーン ブラウン

    販売価格(税込): 41,040 円


    創業以来、TIEYOURTIE【タイユアタイ】では、キートン、チェザーレ・アットリーニなど
    優秀な職人を抱える名門社と、デザインはもとより、生地や製法のディテールまでもが、双方の絶妙なコラボレーションによる
    当店のオリジナルとして展開しています。 イタリア広しといえども、両社の別注商品を扱うのはTIEYOURTIE【タイユアタイ】だけであり、極めて個性的なショップといえる。
    この氏の確かなフィルターを通して作り上げられる上質で個性的なアイテムは貴重であり、世の紳士を虜にしている要因に一つです。

    セッテピエゲは、イタリア語で「7つ折り」と言う意味で、通常の倍近い生地を使用し、芯地無しで作られる一枚仕立てになります。
    芯地を率いらず手作業で施すことで手間と高い技術を要し、作れる職人の数が激減している希少な品でセッテピエゲは結ぶといより巻くといった方が正しいかもしれません。

    万が一、既に今年購入するのイメージをお持ちの方でも、このクオリティでこの価格ですから、ご検討いただく価値は十分にございます。

    これからの季節、非常に重宝するアイテムですので、この機会に是非、上質なTIEYOURTIE【タイユアタイ】ネクタイをご愛用してみては如何でしょうか。
  • CISEI【チセイ/シセイ】レザードローストリングバック 1200 LD NAVY シボ革 ネイビー

    CISEI【チセイ/シセイ】レザードローストリングバック 1200 LD NAVY シボ革 ネイビー

    販売価格(税込): 49,680 円



    今回、ご紹介しますのはCISEI【チセイ/シセイ】から新型レザードローストリングバック「1200」でございます。

    素材は定番のリンドス素材をセレクト。
    丈夫で傷が目立ちにくく、手触りは柔らかなレザーです。
    内側は上質なピッグスキンで大切な小物類を優しくに包み込んでくれます。
    巾着袋のような印象的なデザイン性に、上質なレザーの雰囲気が相まって、驚くほどにリッチな仕上がりに。
    丸みを帯びた上品なフォルムで、見た目以上に収納力も高く、財布やスマホ、通帳などバッグを持つほどではないが、ポケットに収まりきらない小物の携帯に活躍します。

    キメ細かな、革本来の風合いを活かしたCISEI【チセイ/シセイ】ならではの高品質な仕上がりです。

    新感覚な同商品をこの機会に是非、上質なCISEI【チセイ/シセイ】をご愛用してみては如何でしょうか。
  • EDWARD GREEN【エドワードグリーン】VENTNOR E184 MINK SUADE (シューツリー込) 着用size8

    EDWARD GREEN【エドワードグリーン】VENTNOR E184 MINK SUADE (シューツリー込) 着用size8

    販売価格(税込): 150,120 円


    1890年、エドワード・グリーン氏はノースハンプトンの小さな工場で紳士用の手作り靴を作り始めました。
    瞬く間に「英国でも稀代の才気煥発な靴職人」として名声を上げることになります。
    そのような名声や名誉を得る背景には、彼の美徳を追求する信条や卓越した職人技がありました。
    「でき得る限りの上質を求める」という氏の明快な哲学は今日に至るまで続いています。
    洗練され、履き心地が良く、頑丈。かつ軽快でスタイリッシュ。
    そんな靴一つ一つは、最高級品質のカーフスキンを使い、職人による伝統的な手作業で作られます。
    グッドイヤーウェルト製法の靴の最高峰としてエドワード・グリーンは着実に歴史を刻んでいます。
    それは万国に共通する魅力を持った、一目見ただけで見分けがつく英国の靴です。
    ヒールカップを小さめにした日本人の足型によく合う木型で、高いフィット感を実現しています。
    靴底とアッパーの縫製に、既成靴ではあまり見かけないヒドゥンチャネルソール(縫い目を靴底に見せない仕上げ)を使用しており、普段あまり見ないようなところにも気を配っています。
    また、釣り込み(靴の成型のこと)を昔ながらの手作業で行っているので、土踏まずの辺りのフィット感は他の革靴に類を見ないほど素晴らしいと言われています。