CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

De Petrillo【デ ペトリロ】2020SS PRE COLLECTION


 
Duomo~
 
CINQUE CLASSICO OSAKA店のカミカワです。
 
この間のTAGLIATORE【タリアトーレ】のプレコレに続き、De Petrillo【デ ペトリロ】のプレコレもチェケしに行って参りました~!!!。
 
私も去年のPITTIでは満を持してココンチのソラーロのスーツを着てお世話になりました!!!
 
形といい着心地といいスタッフ受けNo.1ブランド!?
 
昨年の秋冬のタイミングにはベニーことペトリロ氏に実際に大阪店へお越し頂き、あれやこれやとオススメのコーディネートを組んでくださったり、改めてブランドの強みを教えてくださったりと、とても貴重なお時間を過ごさせてもらいました!
 
今回お会いするのはそれブリですね!
 

 
さて、今回の同氏のルックはマリンとプレッピーの融合といえるのでしょうか。
 
メタル釦のネイビーブレザーにロンドンストライプのシャツ、ホワイトのタイにホワイトのパンツ、と季節感たっぷりの爽やかなブレザースタイル。
 
プレッピーをモノトーンで都会的に昇華しており、個人的にも好きなスタイルでした!
 
大阪店へお越し頂いた際に、”一日のスケジュールの中で活動するシーンが一番多い服装にする事を心掛けている”と仰っておりましたが、昼間の仕事がメインで展示会に居合わせておく必要があると考えたのか、昼間を連想させる為なのか白を積極的に取り入れておりました。
 

 
さて、今回のテーマは、”リナシメント”。 
 
同氏が直々に携帯で見せてくれました。
 
“リナシメント”とは、ルネッサンスのイタリア語での称し方のようで、この絵画はそのルネサンス時代を象徴す”ヴィーナスの誕生”。
 

 
こちらで用いられているカラーが今回のテーマカラーでございます。
 
ご覧頂いております通り、ベージュを中心に”グリーン” “オレンジ” “ブルー”が見受けられます。
 

 
ですが、決してビビットではないペールトーンの配色で柔らかく品のある雰囲気に。
 

 
そして、より若年層の年代層にもブランドを広めたいという同氏、モノトーン配色も意識的に取り入れておりました。
 

 
今季から新しく打ち出しておりましたベルテッドのサファリジャケット。
  
サファリジャケットといえばベージュやカーキ等のアースカラーを載せる事が一般的かと存じますが、モノトーンで土着的な印象を一切払拭し、都会的で洗練された雰囲気に。
 
その他ジャケットのここをこうリクエストして…パンツもこんな感じでオーダーして…アレをコウして…。フムフム
 
コソアド言葉ばかりではございますが、詳細は店頭で!!!
 
次回!!!「ISAIA【イザイア】2020SS PRE COLLECTION」
 
ぜってぇ見てくれよな!!! 

 

instagram を開始致しました。是非ご覧下さいませ。

URL『https://www.instagram.com/cinqueclassico/』 ID『@cinqueclassico』