CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

CINQUE CLASSICO【チンクエクラシコ】

花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】

花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】
  • 花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】
  • 花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】
  • 花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】
  • 花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】
  • 花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】
  • 花見にピッタリ、桜カラー!!BARBA【バルバ】
スタッフ身長175cm、体重60kg
  
ジャケット BARBA【バルバ】シングルジャケット 着用siz44
 
シャツ BARBA【バルバ】ドレスシャツ 着用size36
 
ネクタイ Atto Vannucci【アットヴァンヌッチ】ネクタイ
 
パンツ INCOTEX【インコテックス】ツープリーツパンツ 着用size44
 
シューズ EDWARD GREEN【エドワードグリーン】BERKELEY 着用size7
 
バッグ CISEI【チセイ/シセイ】ブリーフケース
 
 
BARBA【バルバ】といえば、弊店でも長年お世話になっておりますドレスシャツのメーカー。
 
そんな元はシャツ屋のブランドが、近年ナポリの優れた重衣料工場を買収し、
 
これによりデザインから生産まで自社でコントロール可能に。
 
又、昨年のPITTI UOMOでも熱量半端ないBARBA【バルバ】の社長さんも仰っておりましたが、Kiton(キートン)の総帥と親戚関係にあります。
 
所以に、世界最高峰と称される「カルロバルベラ」や「ロロピアーナ」「フェルラ」などの生地を低価格で入手可能にする事が出来ております。
 
このような背景から、今ではシャツのシェアを上回る程も重衣料が伸びているという極めて稀な状況なんです!
 

弊店では専業ブランドの作るアイテムはやらない主義でしたが、
 
そんな均衡を破り弊店でも大変な人気を寄せております。
  
ほんのりビルドアップした肩回りからギュッと突き刺すように絞り込まれた落差は、
 
着る者をカッコよく逞しく魅せてくれます。
 

そんな中から今回は、最も旬なトレンドを顕著に表しているピンクベースのジャケットをオーダー。
 
ベージュベースにピンクのグレンチェックが可愛げとイタリアらしい遊び心を連想させます。
 
パキッとしたショッキングピンクではなく、あくまでナチュラルに柔らかく表現されております故、
 
とても使い易い代物として昇華されております。
 

そんなジャケットは都会的にmodernにこなすのがミソ。
 
そこで、ビジカジスタイルでは同じくBARBA【バルバ】のタブカラーをセレクト。 
 
胸元をキュッと引き締める役割のあるタブカラーは今のシャツの流れにぴったり。
 
最近のシャツのトレンドとしては、胸元パッカーンスタイルではなく、
 
どんどん狭くなるような襟型が注目されておりますからね。
 

こちらのようにタブカラーのつまみ紐に釦を通してノットを小さく且つ胸元を締めあげるのがコツ。
 
ネクタイで用いているAtto Vannucci【アットヴァンヌッチ】やTIE YOUR TIE【タイユアタイ】のような芯地のないフワッとした仕立てのネクタイと相性が良く、
 
今後もこのタブカラー継続してオーダーしたいですね。
 
ジャケットのピンクを拾ってここは思い切りピンクを掛け合わせるのもよりシーズンらしいのではないかと、
 
Atto Vannucci【アットヴァンヌッチ】のピンクのネクタイをセレクト。
 
上記でも申し上げました通り、ピンクがきつくない故このようにピンク合わせでも問題ないんです!
 

パンツは、INCOTEX【インコテックス】のテクノウールをベージュでセレクト。
 
ジャケットとネクタイで色を使ったので、パンツはブラウン系で纏めると落ち着いた雰囲気になります。
 
又、こちらはテクノウールを用いておりますので、これからのクールビズで汗を掻いても速乾性もあり、
 
シワにもなりにくく、膝の曲げ伸ばしもラクチンなナチュラルストレッチのアイテムなので、一本もっておくと重宝間違いナシ!!!
 

シューズにはEDWARD GREEN【エドワード グリーン】のBERKELEYをセレクト。
 

バッグにはCISEI【チセイ】のブリーフケースをブラウンでセレクト。
 
足元やレザーアイテムをダークブラウン系で纏めるだけでそれとなく、コーデが完成するのは便利な事ですよね。
 
ご参考頂けmust幸いです。

 
 

COORDINATE ITEM